2012年12月05日

〇無念だった事

こにゃにゃちは。ジョーです。

夫が飲み会の時は車で送り迎えするという人、結構いると思うんだけど。
ジョーもたまに夫の運転手やってあげるんだが。
迎えに行くのは時間も遅いし、車から降りるわけでもないし、ついでに誰かを一緒に乗せるという事もないから、ジョーはお風呂に入りパジャマのまま迎えに行きます。
パジャマというのはジョーの場合は、いわゆる本物のパジャマではなく「いいかげん捨てても」ぐらいのヨレたジャージにTシャツです。
そして素足にサンダルをひっかけ・・・


それはそれはひどい有様です。


が。このひどい有様でも出かけられるのは、決して車から降りないというのがあってこそなわけで。
それなのに、それなのに。



なぜあんな事に。



その日は、夫の「迎えに来て」の電話の感じからして結構呑んでるなとは思った。
実際、現地に着いてから夫の携帯に連絡しても出ない。しかも来ない。いくら待っても来ない。いくらかけても出ない。
しかもその日は金曜日で飲み屋街はすっごい混んでるわけ。
人もわんさか、タクシーもわんさかな通りに駐車してるから、ジョーの車は最高邪魔なのよ。
タクシーなんか横を通る時、「コノヤロー」的に睨んでいくし。
こうなると夫に対しては憎悪ですよ、憎悪。
「アー!モウー!なにやってんのよ!」と何度も何度もリダイヤル。
そしたらやっと電話に出たの。



全然知らない声の人が。



夫の部下という若い男の人が出て、「ご主人今日は随分楽しくお召し上がりになられて・・今ちょっと足がその・・」って。
つまり呑みすぎて足腰が立たないので今車までお連れしますという事らスい。やめてよ・・・




やめてよ。車から降りたくない。



お連れしないでよ・・車までお連れなんかしないでよ・・あたしひどい有様なのに・・
なのに、なのに、夫はお連れされてきた。しかも二人に。両脇二人に支えられて。




あいつ許さん。




そしてジョーは車から降り、初めて会う会社の人に挨拶をする。
なんでこんな格好で初対面の人に挨拶を。
なんでこんな恰好で。


この無念さ。わかりますか。



家に着いてから夫を足蹴にしたのは言うまでもなく。
おしまい。
posted by ジョー at 22:02| Comment(8) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。