2016年04月26日

〇レコードを聴かなくなった理由

以前は休みの日には、ステレオでレコードをよく聴いていた。



DSC05784.JPG




掃除しながらだと、うっかり振動で針飛びさせる事もしばしばのガサツなわたし。




それがいつの頃からかだんだん聴く回数が減り、ここんとこは全くレコードをかける事がなくなった。





理由はビニールの劣化が激しいから。





DSC05785.JPG





レコードの入ってるビニールのカバーの劣化が激しく、バキバキのぺりぺりなのだ。




そのペリペリがレコードを引き出す度に剥がれ落ちる。




床には剥がれ落ちたペリペリが散乱する。





そのペリペリの掃除がどうにもめんどくさいのダ。






散らばったペリペリをティッシュで集めてつまんだり、コロコロでくっつけようとするんだが、軽いうえに細かいからスッキリと取れない。



この作業が非常にまどろっこしい(ー'`ー;)あぁぁ・・・・コノコノ・・






かといって掃除機を出すような大事にはしたくない








レコードを聴くたびにペリペリ掃除がセットでついてくるので、レコード聴くのも億劫になってくる。






掃除してまで聴かなくていいや。







実にわたしらしい選択。





そんなある時夫が言った。

「レコードカバーって売ってないのか?」




オオッ!カバーを全部新しくってか!

でも売ってるのか?今の時代。

売っていた。アマゾンで。






LP用ビニールカバー 50枚セット






売ってるんだ〜。感激。


ひぇ〜、EP盤のもある〜。か・か・感激。


よし。春になったら注文しよう。


この作業を家の中でやろうものなら部屋中ペリペリになる。


だから春になって暖かくなったら、庭にレコードを全部広げて入れ替えよう。


なんだか楽しくなってきたぞ。








そして今年2度目の春。




まだぺりぺりのまま。








なんでしょう。なんで億劫なんでしょう。


ポカポカ陽気の休日に、庭でカバーの入れ替え。


お茶を飲みながら懐かしいアルバムジャケットを眺めながらの作業は想像しても楽しい。


なのに未だ注文すらしてない。





今春もアマゾンで「ふむ。まだ在庫はあるな・・」と確認して安心。


取りあえず注文だけしといてもいいのにまた後回し。


ダメ人間なんだろうか、あたし。



人気ブログランキングへ


45回転もあるよ〜。

































posted by ジョー at 12:10| 音楽三昧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

○ユニクロのワゴンの中から買ってきたもの

ユニクロに行った時のわたしの行動パターンは決まっている。



まず最初に、「ただの服コーナー」を見る。



「ただの服」とはそのまんま。何の変哲もない普通の服。



冬ならVやクルーのニット、今ならTシャツかな。



次はイネスとかコラボのコーナー見て、部屋着やスリッパとかの「家コーナー」に移動。



そして最後はいよいよメーンイベント。




ワゴンの中を吟味大会。






これが一番楽しい。



自分のアンテナをビビっと刺激する物が埋もれてる事があるのだ。



しかもそういう物は袋の上からでも、むむ。これはもしや(ー'`ー;)と変に鼻が利くから不思議だ。


DSC05776.JPG




白のカットソーのカーディガン。確か500円。


合わせた白のカーゴパンツは、某ブランドで昔買った裾幅30センチのワイド。


夫からは「横浜銀蠅」みたいだとよく言われた。ほっといてくれ。





メンズのワゴンは更に楽しい。



DSC05770.JPG


男の人だと残るサイズ。


わたし、レディースのボーイフレンドデニムはあんまり好きじゃない。


メンズのジーンズをそのままオーバーサイズで穿きたい。



気合い入れて7,5センチヒールで穿くゾ。


DSC05772.JPG



ローファーでも穿くゼ。


DSC05775.JPG




ワゴンばんざい!





金脈を探し当てるが如し〜



日々の出来事 ブログランキングへ
























posted by ジョー at 12:00| ジョー的お洒落 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月19日

○いま思うととんでもない行為

子供の頃の映画館は今みたいに入れ替え制じゃなかったの。



見終わっても帰らないで、そのまま居座って何回観てても良かったの。



でね。当時お正月になると家族揃って「男はつらいよ」を観に行くの。



両親が大の寅さんファンで小学生だったわたしの事も連れて3人で行くわけ。








上映時間は全く気にせず行くわけ。








適当な時間にボツっと映画館に入る。




当然寅さんは始まってるから途中から観る事になる。




勿論この見かたには子供ながら非常に疑問を持っていた。




大人になってからのわたしは、映画はキッチリ最初から観ないと気がすまない。




配給会社のライオンのガオー!から最後はエンドロールが終わるまでキッチリとッ。




映画館なら全部終わって場内が明るくなるまで。




家でWOWOWなら、エンドロールが終了して次の番組に入ったのを確認するまで。




それに、たまにエンドロール終了後



「あれから〇年が経ち・・・」などのちょっとしたエピソードや



「え・・そういう事だったの・・」的な、どんでん返しがサラッとチラッと入るご褒美もあるし。





話しは戻るが両親は、この変な見かたをまるで気にしないのだ。




そして3人並んで座れる座席に落ち着くと父は必ずこう言うのだ。









どっから観たか覚えておけよ。








どっから観たか覚えておけよ。



そう。途中から観た寅さんをまずそのまま最後まで観る。



最後まで観終わっても勿論そのまま座席に座ってる。



やがてまた寅さんが始まる。




今度は最初から観る。




話が進んでいきその場面になると父は今度はこう言う。









こっからは観たな。








そして続けてこう言う。








じゃあ帰るぞ。








子供の頃の懐かしい思い出 ( ̄〜 ̄)♪〜



日々の出来事 ブログランキングへ



それにさ、オールナイトや立ち見もあったのサ。。







posted by ジョー at 11:54| 映画三昧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

〇美味しい食べ方

ビスコ  発酵バター仕立て


DSC05769.JPG


ビスコは特別好きではない。




バターが好きなのだ。





だから、食べるつもりのないお菓子でも「バターをふんだんに」とか「贅沢バター」とか箱に大きく書いてると買ってしまう。



そして家に帰ってから




箱を見ながら食べるのだ。





バターを売りにしてるお菓子の箱は、バターのイラストが載ってる事が多い。


バターナイフで削ってる画とか溶けてるバターのイラストとか。


その画を見ながら食べるとよけい美味しく感じる。



だから箱を見ながら食べるのだ。





実は「明治 ハイミルク」でも同じ事をする。





赤い包み紙に白文字で「Hi milk」と書かれた板チョコ。


あの包み紙がやたら美味しそうに見える。







だから包み紙を見ながら食べるのだ。






さらにさらに、包み紙の裏に原材料が書いてるが、その中のカカオマスとココアバターもすごくすごく美味しそうに感じる。






だから原材料も読みながら食べるのだ。







これで美味しいものをさらに美味しく食べてるのであった。


バーモントカレーの箱の写真も好きさ・・・



日々の出来事 ブログランキングへ


























posted by ジョー at 21:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

〇目で追ってしまうもの

朝の通勤途中、バス停に立ってる女の人に釘付けになった。




60代と思うんだけどすごくスレンダーな人で、細身のパンツにステンカラーのロングコートを襟を立ててバサッと羽織ってた。





ジーン・セバーグみたいなショートカットは全部綺麗な白髪で、黒の小ぶりなリュックを背負ってるのがかなりカッコいい。




思わず二度見。




わたし昔から、自分より年上であろう素敵な人を見かけると飽きるまで眺めていたくなる。




若者の言葉で言うなら「ガン見」したいってとこだ。




許されるならばじっと観察していたい。




お手本にしたいとか真似したいとかでは全然ない。




綺麗な人を見てるのが、ただ楽しいのだ。






危ないぞ自分( ̄◇ ̄;)





だが他意はない。






冬に大型スーパーの食品売場でも素敵な人を見つけた。




ピーコートに黒のスキニー、厚手のマフラーをぐるぐる巻きにした50代かなり後半らしき人。





スーパーではついて行きます。わたし。





商品探すふりしながら後ろからカート押してついて行きます。






やばいぞあたし( ̄◇ ̄;)





だが他意はない。ほんとに。




突然ですが話変わります。


私は今春、茶のローファーを買いました。

DSC05753.JPG



10年以上使い込んでる茶の革ベルトと合わせたくて。




去年もこのベルトに合わせるため茶色のエンジニアブーツを買ってる。




どこでも売ってるベルトなんだけど、使い古した感じは自分のオリジナルだから愛着がある。



実は夫も同じベルト持ってるんだけど、そっちは使い古しの味を通り越し、悲壮感漂うシロモノになっている。




革も擦り減りペラペラで紐みたい。




腰に紐通してるみたいだ。





変なの・・・・・・・

おしまい。





でも許す。




日々の出来事 ブログランキングへ











posted by ジョー at 12:50| ジョー的お洒落 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

〇意地悪な自分

今日は愛する夫の話。




テレビに二階堂ふみが出てるのを見て


「あれ?この娘あれに似てるな。ほら誰だっけ。あのほら似てる人いるよな」






宮崎あおいの事だな・・・






だが何故かわたしはこういう時「さぁ・・わかんない・・」と答えてしまうのだ。






自分でも不思議なのだが、何だか漠然とめんどくさいと思ってしまうのだ。





「それ宮崎あおいじゃない?似てるよね。」って言ってしまえばそれで済むのに、どうしたものか「さぁわかんない」でブッツリ切りたくなるのだ。





「あぁ〜誰だっけ〜。ほらいるだろ〜ほらほら〜」と更なる追及にあい、かえってめんどくさくなるのも知ってるのに。






それでも「知らない」と言いたくなるのだ。







自分でもゲせぬ。








そういえば何年も前の話。



滝川クリステルが出始めた頃、彼女を見て夫はこう聞いてきたのだ。






この人、幸田シャーミンじゃないよな?









||||||( ̄ロ ̄;|||)||||||







その何年か後、彼はこうも言っていた。




日々の出来事 ブログランキングへ



分からないことは何でも聞いていいよ・・・










posted by ジョー at 10:46| 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

〇理想の読み方

本は一冊読み終えたらまた一冊買うので、常に何かしら読んでいる。



今日は叙述トリックに関してのジレンマをば。




叙述トリックは大好きなんだけど、これを超えるものには多分出会えないっていう一冊がある。





結構名作って言われてる作品なんだけど、わたしは叙述トリックだとは知らないで普通のミステリーだと思って読んでいた。





それだけでも充分引き込まれて読み応えがあったんだけど、最後に叙述トリックだって分かったの。





その瞬間すぐにまた最初から読み始めたんだけど、そういう作品とは知らないで読んでたからラストすごい衝撃だったわけ。





で。この「知らないで読む」というのがなかなか難しいのだ。





どゆ事かといえば。




叙述トリックの作品を読みたい。

そこで「叙述トリック 傑作」とかで検索する。

面白そうなのを買って読む。




だが、読む前から叙述と知ってるので、自分では意識しないように真っ白な心で読もうとしても、どこかで罠を探ってしまう自分がいるのだ。




これがかなり窮屈というか不便というか。。






騙されなきゃ。ちゃんと騙されなきゃ!!






みたいな不健康な読書になってしまう。







かと言って、叙述が読みたい。だがそれだと知らずに読みたい。

じゃあ偶然出会うまで待つのか。

それだといつ読めるかわからん。








なんだか非常に面倒くさい自分がいる(ー'`ー;)







望むのは、「猫だと思って飼ってたら実は犬だった!」みたいな予想もできない驚き。


ほんとにそんな事があったら驚くどころの騒ぎではないのだが。



なんか話しがそれてきたのでおしまい。




日々の出来事 ブログランキングへ


完璧なミスリードされたい〜。









































posted by ジョー at 20:50| 読書三昧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〇だいぶ後からくるもの

今WOWOWで「ツインピークス」やってるね。


昔大ブーム巻き起こした海外ドラマ。



でも当時は全く興味がなくて、一度も見たことがなかったの。



そしたらさ、予告で「原点にして頂点!」とか「伝説のカルト的!」とか言ってたの。




実はわたし、こういうのに弱い。




世間で流行ってる時は全然興味なかったくせに、何年もしてから「伝説の!」とか「社会現象にまで!」とか「コアなファンに!」などといったキャッチを聞かされると俄然興味がわくのだ。





言ってしまえば単純な人間なのだ。




そんなわけでツインピークスも毎週録画に。





一回目見たけど面白かったし、音楽がどこかで何度も耳にした事のある曲で「これツインピークスだったんだ」って変なとこに感動した。





この、世間から大分遅れてからわたしに到来する「後からブーム」実はまだある・・・・





新聞の番組欄に




冬のソナタ 第一回という文字を見つけた。







冬のソナタだって・・流行ったよね・・おばあちゃんハマってたよね・・と出勤前の息子に振る。



無論わたしは一度も見たこと事がない。




息子
「バアちゃん、ヨン様ヨン様うるさかったよな〜。しかもバアちゃん、携帯の待ち受けにしてたし。」



わたし 
「ほら、未だに再放送だって。まだ人気あるのか?」




すると息子がとても魅力的な事を言った。






でもさ、母さん。


あれだけ流行るってことは、それだけの理由があんだよ。きっと。



それが何か知りたくない?


俺はそこに興味がわくね。










ハッ!( ̄□ ̄;)確かに。







さらに息子


「見てみれば?ちょうど第一回なんだろ今日。ほら、おしんの時みたいに。」







おぬし今なんとッ?!


おしんってかッ!







確かにッ!



あれはまだVHSの時代



「絶対!絶対面白いからアンタ見なさい!」と、おしんが最終回まで録画されたビデオテープを母からゴッソリ渡された。



人が興味が無くても、自分が好きな物は強引に押し付ける。それがマイマザー。



ところがだ。これが確かに面白かった。





おしん!流行るだけの理由があった。



やるな!おしん!とえらく感動したのを覚えてる。




では、それが今回冬ソナなのか?・・・




そうなのかッ?!






しかしムムム・・これは手を出してはならぬ領域の様な気もするが・・だが知りたい・・流行る理由を・・









月曜〜金曜。指定録画。セット完了。








いま第15話まで見た。



次に何が起こるかわかってしまうとこが、子供の頃見た百恵ちゃんのドラマみたいで懐かしい。



ただ困ったのが、ヨンさんがどうしても物まねの人に見えてしまうことなんだが。








ファンじゃないからヨンさんで許して・・・・



日々の出来事 ブログランキングへ










posted by ジョー at 11:41| テレビ三昧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

〇婚約指輪の使い方

27年ぐらい前、婚約指輪を買ってもらった。



DSC05750.JPG



大好きな一粒パール。




若い頃はなかなか上手く使えず、しまってばっかりだった。




でも、40過ぎた頃からは普段着にガンガンつけてる。




プラチナの指輪と重ねてね。



DSC05752.JPG




きちんとした服の時は絶対つけず、超!普段着の時に使ってる。



DSC05751.JPG



そうそう。先日のGUのTシャツ。




すごい気に入っちゃって、あの後また白黒グレーをプラス一枚ずつ買い足したのであった。


気に入ると結構しつこいのサ・・・・



日々の出来事 ブログランキングへ















posted by ジョー at 18:56| ジョー的お洒落 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

〇納得した事

そうか!
わたしは「デビッド・フィンチャー」が好きだって事か!




なんの事かと言うと、この前「ドラゴン・タトゥーの女」をまた観たの。



わたし好きな映画は何度も観るんだが、「ドラゴン〜」もその一つ。



特にこれオープニングが最高にいい。



いきなり「移民の歌」のカバーで始まるんだけどカッコよすぎるのなんの。



んで、わたし。好きな映画でも監督が誰か分かってない事がしばしば。




それで今さら監督を調べたら「デビッド・フィンチャー」




デビッド・フィンチャー・・そういえばアレもだよな・・大好きな「セブン」・・他には他には・・




「ファイトクラブ」「ゴーンガール」・・オオッ!この辺りもかっ!煤i゚∇゚ )




話しも面白いが、どれも映画全体の雰囲気が好きで上手く言えないけど何かこう「洒落てる」のだ。




ふむふむ。わたしはデビッド・フィンチャーのファンなのだな。



そっかそっかと納得。




ルーニー・マーラちゃんは凄い女優だね



日々の出来事 ブログランキングへ



























posted by ジョー at 20:21| 映画三昧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

〇見苦しいと思った事

この前某所にて。




60代前半ぐらいの女の人がお孫さんと二人でいた。




若く見られたいとう気合いがガンガン伝わってくる化粧と服。




が。それが逆に年齢を感じさせる・・・





そして自分で自分を「大ママ」と言っている。





必死な感じがなんだかな・・・・( ̄◇ ̄;)







おばあちゃんがいいじゃ〜ん



日々の出来事 ブログランキングへ











































posted by ジョー at 20:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする