2016年07月12日

〇回覧板の深さ

町内で回ってくる回覧板。







見たら自分んちの名前の所に日付を記入して、次の家に回すシステム。








手渡しではなくポストに入れておくシステム。









わたしは、我が家に持ってくるお隣に不満がある。









不満があるのだ。















隣の家は早朝に回覧を入れていく事が多い。







6時半頃ポストの音がするので見に行くと、回覧版を入れて帰っていく隣のご主人の後ろ姿が見える。







わたしは日付を見る。










またかよ。










隣の家は前日の日付を入れて持ってくるのだ。






今日もってきたクセに、昨日もってきたことになってるのだ。






そうなると、まるで我が家が一晩寝かせた事になるという状況が出来上がる。









これは罠か。




罠なのか。









一回二回は気にならなかったが、こうも度々だと話は別だ。





回覧板トラップ・・・・








卑怯者め。









よし。

お前を今から卑怯者リストに入れよう。


他にもわたしには「偽善者リスト」「無視するリスト」など色々なシークレットリストがあるのだが。






お隣ゆえに、無視ともいかんだろうて。



だからお前は卑怯者リスト入りだ。








どうだ。まいったか。










心の中で毒づいて、隣の日付をセッセと「今日」に書き直す小心者のわたし。





日々の出来事 ブログランキングへ



それが現実〜




















posted by ジョー at 19:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。