2009年12月25日

●クーデター

今日はクリスマスですね。


クリスマスとは全然関係ない話題でいきますよ。










「いつも味方だと思うなよ。」








これは息子が私に放った言葉です。


私も息子も随分前に食べ終わってるのに、夫だけテレビに夢中になってていつまでもチンタラチンタラ食べてて、全然片付かないある日の夕食。


片手にお茶碗、片手にお箸を握ったままその両手は全く動かず、くだらない番組に釘付けで顔だけニヤニヤしている。












憎い・・本当に憎い・・










「ネエ!もういい加減食べちゃってヨ!」


夫に文句を言いながら息子にも「ネエ!」と同意を求めた。


「父さん、食べちゃえ、食べちゃえ。」私の機嫌が悪くなると厄介なのを知って取りあえずこう言うはずの息子だが、今回は違っていた・・・・。





「いつも味方だと思うなよ。」






さらには・・・







「飯ぐらいゆっくりでいいじゃん。」














|||||||||||||( ̄ロ ̄;|||)|||||||||||||


















疎外感・・・・













これが夫がいつも感じてる


疎外感というものなのか・・・・・・・












冷めた目の息子と唖然した私。



何故かオロオロしていた夫が印象的だった・・・・


posted by ジョー at 22:30| Comment(14) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

●目撃談

それは仕事が昼からの日の事。


時刻は午前11時。


仕事に向かうべく車を走らせていたら、向こう側から自転車に乗った少年がやって来るのが目に入った。



「ふ〜〜ん、お洒落で可愛いじゃん」と見たら・・














息子だった。( ̄◇ ̄;)













なんて親バカ・・・・・自己嫌悪になりつつモ1回見たら友達と一緒だった。


確か朝は普通に学校に行った。


でもココは学校とは反対の場所。












サボリですか・・・そうですか・・・・













息子にメールを送ってみた。







サボッてA男とドコ行く。



マックかスタバか。



楽しそうでいいですね。









すぐに着信があった。

ふ・・・・いつもは返信すらよこさないくせに・・








「ど!・・どこ・・!?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)




キモイんだけど!!!」













ふ・・・・どこでしょうね・・・

まあお腹いっぱい食べてくださいよ・・・・|(エ) ̄)

posted by ジョー at 13:32| Comment(8) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

●行動派

え〜〜〜と、実家の母が交通事故に遭い実は入院してます。


幸い手の骨折だけで済んだんだけど、まあ相手が悪いにしてもアナタも気をつけてって話しです。


いえ。そうではなく。私が書きたいのは母のデタラメな行動についてです。






出鱈目なんです。


分かってはいたつもりなんですけどね。










母については「ママン」の章でも少し触れましたが、今日は入院生活の中で最も呆れた事に触れたいと思います。



ちなみに家族の間では彼女の事は「ガーデン」と呼んでいるので、ここでも「ガーデン」でイかせてもらいます。



ガーデンのデタラメさに触れる前に、入院中に彼女から受け取ったメールで印象深いものが二通あるのでご紹介します。









●ほぼ原文のまま、一通目●

「加害者が大きな梨を沢山持って来ました。

 あなたにも分けてあげるから仕事の帰りに寄ってください。

 梨→ナシ」







最後の一行の「梨→ナシ」

この意味分かりますか?

私が「梨」という漢字が読めないだろうとわざわざフリガナをふったのです。








失礼でしょうガッ!! Σ( ̄ロ ̄lll)






●ほぼ原文のまま、二通目●



「ゾロさん6時前に帰りましたよ。

 使ったタオルケット持ち帰ってもらいました。

 わたし、今のところ絵文字なるものをうてません。」








最後の一文、「わたし、今のところ絵文字なるものをうてません。」


これは、ガーデンは携帯電話で絵文字の出し方がいまだに分からないのですが、その事を訴えているのです。









ナゼにこのタイミングでッ!!??煤i゚∇゚ )







では本題に入ります。


まずガーデンはどういう状態かというと、左腕骨折で手術をし、骨は粉砕していたため中には鉄板の様な物がボルトで固定されて入れられています。


術後の現在は左腕はギブスをして毎日リハビリです。


腕はかなりの重症ですが後は不便なく自由に歩き回っています。



病室は加害者の保険負担で個室です。



そして昨日病院に行ってガーデンから聞かされた話です。


















「私ね、昨日家に帰ったの。


 病院の人に見つからないようにタクシーで。」











え( ̄∇ ̄;)・・・・・・ドゆ事?





こういう事だ・・・・・・。











母は看護士にもドクターにも内緒で、日中勝手に家に帰ったのだ。



器用に片腕で病院の寝巻きを脱ぎ、病室のロッカーにしまい。



自分の服に着替え、ナースセンターの前は注意深く。



後は外来患者に紛れ外に出てタクシーに乗り込み自宅に帰ったのだ。



行って戻ってその間約1.5時間。







いったいナニやってんノッ!!


ナニしに帰ったの!?(ー'`ー;)


















「どうしても録画したい番組があったから



 録画予約入れてきただけよ。」


















|||||||||||||( ̄ロ ̄;|||)|||||||||||||











実家の父はDVDレコーダーは操作できません・・・


母は昔から娘夫婦には余計な負担はかけたくない人です・・・













それじゃぁ病院脱け出すしかないワな( ̄◇ ̄;)










ないワな( ̄◇ ̄;)


ないワな( ̄◇ ̄;)


ないワな( ̄◇ ̄;)


おしまい・・・・・

posted by ジョー at 08:51| Comment(6) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

●ママン

忙しく今夜の夕食、冷やし中華の麺を茹でていたら実家の母から電話が入った。



「チョット!!聞いてヨ!!コレどうヨッ!!」受話器の向こうから母の激怒した声が響いてきた。



私はいま冷やし中華の麺を茹でているのでちょっと待てと言っているのに、おかまいなしに一方的に話しはじめる母。



かなり興奮している。というより激昂している。



私はジェスチャーで「この麺を頼む」と夫に伝え母の話しを聞いてやる。



母の話しはこうだ。








ピンポ〜ンと誰か来たので出たら、隣の家のNさんがビールの空き缶一個を持って玄関に立っていたそうだ。


そして満面の笑みで「この空き缶家の前に落ちてたんですけどお宅のじゃありませんか?」と聞いてきたそうだ。







私 「なにそれ・・」母の話しに思わず眉間にシワがよる。









どういう事かというと、先月のとある風の強い日に母が庭で、たまった空き缶の片付けをしていたら発泡酒の缶が一個風に飛ばされて、カラカラと隣の家の敷地に転がっていったそうだ。


すぐに母は隣の家に行って事情を話し缶を回収してきたという事があったらしい。


そして今夜・・隣の奥さんはまた缶が落ちてたので「お宅のじゃありません?」と、落ちてた缶持参で来たという事だ。






私  「で?それに対して何て返したの。」




母  「それは家のじゃないわね。

    家は発泡酒しか飲まないから。」










発泡酒万歳。(● ̄(エ) ̄●)











母 「大体さ!あの人ほんと班長一緒にやった時だって・・」



母の口から班長一緒にやった時の話しが始まった。


その話しはもう百回くらい聞いている。


私の実家は町内が広いので毎年交代で班長は二家族でやる。


何年前だか母はこの隣の人とやったのだが。


その時もそっちが都合が悪くてできない時は物凄い愛想よく「お願いします〜」と言うくせに、母が逆に何か頼むと露骨に嫌な顔をするそうだ。


その時に母が彼女に放ったという一言が今も私の心を捕らえて離さない。。。。。










人にモノ頼むときだけイイ顔したってダメよ!























母万歳。(● ̄(エ) ̄●)






夫がジェスチャーで「冷やし中華のびるぜ」と私に伝えてくる。


冷やし中華がのびそうなのでもう電話は切ると母に言う。


そんな私におかまいなしに母はまだ喋っている。


私はまた冷やし中華がのびる旨を伝える。


母もようやく分かってくれたようで話しのシメに入った。






「意地悪なのヨッ!隣は意地悪なのッ!


あたしはズケズケとキツイ方だけど隣は意地悪なの!


ネチネチした意地悪よりはズケズケしたキツイ方がアンタだってイイでしょ!」








はい・・イイと思います・・それより冷やし中華・・


ま。いずれ母は昔からハッキリしてる人だ。


カチンとくる事をされたらタダでは返さない。


子供の頃母とデパートに行った時、店員の態度が悪いと、その場で店員を叱り付けた時はちょっと他人の振りをしたかったのを今でも覚えている。。。。


「また後で聞くからじゃあね。」と半ば強引に電話を切った。


冷やし中華は少しのびてたが美味しかった。






冷やし中華万歳。(● ̄(エ) ̄●)

posted by ジョー at 23:26| Comment(9) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

●すごく嬉しい事

今日、息子が母の日のプレゼントをくれた。





090509_173306.jpg






カッチョいいTシャツ。





090509_174007.jpg








小さい頃はよく「お母さんへ」って可愛いプレゼントをくれていた。



いわゆる難しい年頃になってからは初めてのプレゼントだ。



思いも寄らないプレゼント。



「晩飯いらないと思う」って朝から友達と出かけた息子が、夕方に帰ってきて「はい、これ。」ってリボンのついた袋を無表情で手渡してきた。









ぶわっと泣きそうになるぐらい嬉しかった。









小さい頃も心配事は色々あったけど、それとは全く違う子育ての難しさを実感してる毎日。




「もうどうしていいのか分かんない」って投げ出したくなる時もある。




親として自分は・・・なんて、らしくもない事を考えてしまったりもする。





そんな最中での息子からの母の日のプレゼントは相当にクる。











全てのしんどい思いが帳消になる。








今年母の日にプレゼントをくれた息子の想いも









じんじん伝わる。













いいんだ。


あたしのやり方でいいんだ。


ちょっぴり自信過剰になってみる。






子供ってほんと、悩ませてくれるけどそれ以上の幸せをくれる。






ある意味、飴と鞭だな。うん。







ヨシっ!さらにパワーアップして頑張れそうだゾ!


他ブランドだけど明日はこれを着て仕事に行こう。


posted by ジョー at 20:30| Comment(11) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

●気持ちの変化

一緒に働いてる次長の言葉ですごく実感できる事があるの。


あ。次長って、あだ名でホントの次長じゃないから・・・



で、その言葉なんだけど。







「この人も歳とったな〜って



 時々旦那を見て可哀相になる」











これ、最近ジョーも時々あるんだよね〜。



ジョーと夫はジョーが高校生の頃からの付き合いなのね。



昔の若い頃を知ってるだけに「あ〜〜〜この人も歳とったな〜〜〜」なんて時々思うの。




自分のカバンからお弁当の空を出してる姿とか、庭の落ち葉を拾ってる姿とか、ほんとなんでもない瞬間なんだけどね。




で、そういう姿を見て「歳とったな〜」って思うと何かこ〜〜寂しい気持ちっていうか可哀相になるのよね〜〜。




これが「情」っていうものなのかな〜〜。



これからも力を合わせて頑張っていこうぜ〜なんて思ったりもする今日この頃。





うん。うん。

posted by ジョー at 09:01| Comment(7) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

●息子がさっき言ってた事。

家の息子、お外ではコンタクトだけど、お家にいる時はメガネ。



最近は黒縁のゴツめのをかけている。



で・さっきの事。。。








息子、シャワーを終えて洗面所の鏡に向かって何やら言っている。













「なんかなー、裸にメガネは似合うんだけど



服着てメガネだとダサくなるんだよなー、オレ。」
























…( ̄◇ ̄;)





















裸にメガネが似合うって・・・アンタなに…( ̄_ ̄|||)

posted by ジョー at 21:56| Comment(13) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

●予告

汗でグダグダになった手拭いをテーブルの上に乗せるな。












何度言ったらわかるんだ。














次やったら殴る。













20080809_2158_0000.jpg

posted by ジョー at 00:30| Comment(16) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

●似てる男。

この前、店長のサックーがお店に少女マンガのコミック本を持ってきてたの。







ジョーは少年マンガ派なんで、こういう機会がないと少女マンガには触れる事がない。







で。パラパラと見てたら。。ん?







主人公の内気な女の子が好きになる男の子の「ノッポ君」ってのがいるのだが。







これがどことな〜〜〜〜く家の息子に似てる。







20071207_1523_0001.jpg








ジョー 「ちょっとーネエ。コレ家の息子に似てない?」







サックー「そうなのよ。私もなんか似てると思ってたのよ。」








ジョー 「コレをもうちょっとヒョロヒョロにして変な風にした感じよね。」








サックー 「・・・・・・」










で。次のコマに読み進んでいったらジョー・・・思わず・・











「あ”−−−−−−−−−−−!!Σ( ̄ロ ̄lll)」













20071207_1523_0000.jpg













ジョー・・



「やっぱコレ家の息子だワッ!!!!」











サックー 「だから似てるってバ・・・( ̄∇ ̄;)」








ジョー・・





「そうじゃなくって!同じ傘持ってるの息子も!」














ケロッ!




20071207_1523_0000.jpg








ケロケロッ!!






DVC01049.JPG











小学生の時に買ってあげたカエルの傘。




大変気に入っていて高校生の今も愛用してまふ。ケロケロ。


posted by ジョー at 09:23| Comment(9) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

●息子から聞いた話。

息子、この前学校の帰り、私道を自転車で走っていたら後方から爆音と共にバイクの気配。ボボボボボ。







そしてそのバイク、息子のチャリの横で止まる。ボッボッボ。

















マズイ!からまれる!オワタ!||( ̄ロ ̄;|||)||||















と思った瞬間・・・・
















オウ!○○!オレオレ!( ̄∇ ̄)























オレオレ詐欺か?||||||( ̄ロ ̄;|||)|||||||







いや違う。Y男だ。















中型バイクに乗っていたのは中学の時の同級生のY男だった。






高校は違うところに進んでたが、学校帰りに偶然会えば話しはしてた。













息子 「お前バイクの免許取ったのか?」









Y男 「オウ!しかもオレよ、









学校辞めたシ。( ̄∇ ̄)













えっ・・・えっ〜〜〜〜????煤i゚∇゚ )










息子 「んで〜?お前いま何やってんの?」








Y男・・







「ん〜〜〜〜〜。特になにも。(* ̄▽ ̄*)」




















|||||||( ̄ロ ̄;|||)|||||||照れてるのか?・・















Y男 「んじゃまたな!」ボボボボボ。














そうか・・アイツ、辞めたのか・・・。




ビックラした・・・。









とりあえずオレは家に帰ろう・・・・。














帰って来た息子から聞いたお話。




おしまい。(● ̄(エ) ̄●)

posted by ジョー at 16:16| Comment(9) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

●なりたい男

息子は寺尾聰が大好きなの。





古い物に何故か心惹かれる我が家の16歳、寺尾聰も「ルビーの指環」で知って以来憧れの存在に。






「この人渋いッス〜〜〜〜。」と息子。






寺尾聰って決して二枚目じゃないんだけど、独特の雰囲気持ってる人でしょ。





ジョーも彼の事は好きなんだけど、静かでクールでそれでいて優しくて。





大人の男って感じよね〜。








ジョー「ニヒルよね。彼って。」







息子 「え?ニヒルってなに?どういう意味?」







ジョー「え・・・ニヒル・・ニヒルっていうのは・・・








寺尾聰って意味よ。( ̄∇ ̄;)













それでね。




昨日からスタートした「チェンジ」にも寺尾聰出てるでしょ。




彼が出てくる度に息子「カッコイイ〜〜〜。この人カッコイイ〜〜」って惚れ惚れ。




ついでに阿部寛が出て来ても「阿部ちゃん、この人もいいよな〜。」と。




男の好みはジョーと息子は似てるのだ。







キーワードは大人。








大人の持つ優しさ静けさ、余裕みたいな物をかもしだしてて、できれば顔はあまり整いすぎてないのがベスト。














あいにく中村敦夫には息子、無反応だった。
















でね。





息子の中では、大人になったらこういう風になっていたいっていう、ちょっとした憧れのシーンがあるのダ。




それはバーのカウンターで・・










「いつもの( ̄(エ) ̄)ノ」って言うこと。












勿論そのバーは黒光りするカウンターで、バーテンダーは無口でなくてはならない。






寡黙にグラスをキュッキュッキュッと磨いてる所に息子が訪れ。。










席もカウンターの奥と決まってるらスい。




( ̄◇ ̄;)ハイハイ・・













そして寺尾聰か阿部寛といった風情で静かに腰を下ろし。。













「いつもの。」とやるんだそうだ。





( ̄◇ ̄;)ハイハイ・・・














ジョー「んじゃさ、そこに女が一人でやってきたらバーテンは{あちらの方からです}とか言ってあんたのおごりのグラスが出るわけ?」






息子 「ふっ。。まさか。。そこまでは。。」







ジョー「いずれにしろアンタって案外キザよね。」








息子 「え?キザ?キザってどういう意味?」








ジョー「え・・・・キザ・・?キザっていうのは・・・












アンタって意味よ・・・( ̄∇ ̄;)









おしまい。
posted by ジョー at 10:33| Comment(8) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

●家族で楽しいバーベキュー

昨日、家族でバーベキューをした時の事を教えます。





メンバーは夫、私、高2の息子です。





当初は私の両親も招くはずでしたが、事情が変わり午前中は実家で過ごし、バーベキューは自宅に戻り午後から三人でとなりました。








夫がバーベキューの前に愛車のモンキーの手入を済ませたいというので待つ事にしました。







待つ事にしましたが、午後の4時になってもサッパリ終わる気配がありません。






それどころか庭にはモンキーをバラして、あっちこっちにパーツやスプレー缶が並べられています。







「まだ?」





「もう少し。」





「そろそろ?」





「あとちょっと。」






そんなやり取りを何度も繰り返したノチ















「いいかげんヤろうよ!バーベキュー!(ー'`ー)」











と怒鳴ったら、夫も負けず














「いまヤるってバーーーーー!!(ー'`ー)!!」














と怒鳴り返してきました。







そして火を熾し楽しいバーベキューの始まりです。







夫と私はそれ以上ない仏頂面で火を挟んで向かい合います。






















マグロ漁船に乗ればいいのに・・・・・・


















夫の顔を見ながらいつもの思いがよぎります。







夫と1日中いると必ずこういう風な事が起きます。


(● ̄(エ) ̄●)ノ"んじゃまたね。

posted by ジョー at 10:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●家族で楽しいお出かけ

一昨日、家族三人で居酒屋に行った時の事を教えます。





メンバーは夫、私、高2の息子です。






ちょっと早く着きすぎたため居酒屋はまだ準備中でした。






しょうがないので隣の駐車場のスペースでウラウラ待つ事にしました。








ウラウラ待っていたら、夫が片方のスニーカーを脱いで片足ケンケンの状態で靴の中に入った石ころを取りはじめました。







そしたら片足ケンケンがバランスを崩し、夫は隣に立っていた私に思いっきりもたれてきました。



ΣΣ┏(_□_:)┓iiiあ!








勢い良くもたれかかられたもんで私もバランスを崩し、隣に停めてあった誰かのスクーターの上に「ゲシャ」っと倒れこんでしまいました。




















「チョットーーーーーーーーー!!!!






 なにヤってんのヨーーーーーーー!!!






(ー'`ー;)!!!!!!!!!」















私は夫に思いっきり罵声を浴びせました。














すると息子も続いて

















「ったく!!!!!!!!








なにヤってんだかッ!!!!!!!








(*ー"ー)!!!!!!!!!!」














と罵声を浴びせたら、夫も負けずに















「ナニって!!!!!








 石ころ取ってただけだろガーーーー!!!!






(ー'`ー;)!!!!!!!!!」













と反撃してきました。






すると、ぱっ。ぱっ。ぱっ。と居酒屋の灯りが灯りました。











三人は、これ以上ない仏頂面で入っていきました。











三人で出かけると必ずこういう風な事が起きます。



(● ̄(エ) ̄●)ノ"んじゃまたね。

posted by ジョー at 10:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

●いま書いてるのダ。

いまこれ書いてるのが夜の11時50分なの。









家の坊ちゃんね。













ツイさっき帰って来たんだよ〜〜〜ん。( ̄◇ ̄;)

















夕方から友達数人と出かけ、帰宅したのがツイさっき。










高校二年生。。。。











こんな時・・自分も高校生の頃、母によく言われてた言葉を思い出す。。。














「アンタっ!今日中に帰って来んでしょうねっ!」
















アハハ・・・血は争えないという事で・・・・。















で。


ツイさっき帰宅した息子。








本日は、友人達とファッションモールをチェックして、その後ファミレスでお食事と洒落込んだそうナ。






楽しいお食事の後は、近くの大きな公園でお喋りを楽しんだそうナ。





( ̄◇ ̄;)よくまあ喋る事があること・・・














で。その公園でお喋りを楽しんでいたら・・・







耳にピアスが付いてるのか、ピアスに耳がついているのか判別困難なストリートダンサーみたいなお兄さん軍団がやってきて・・














「ヘイ!子供は帰る時間だゼ。」

















と言われたそうナ。









高2軍団は「帰ろっか・・そろそろ・・」と、そそくさと公園を後にしたそうナ。













「ちょっとー、気をつけなさいよー、遅い時間はーーー。」





ジョーもやっぱり母親なので、息子に対しては心配事は尽きない。





その都度その都度、くどいぐらいに注意はするのダ。









で。その息子。





「寝る前にナンか食うかナ。。。」と、さっき「一平ちゃん醤油味」を食べ。






現在爆睡中でありんす。






(● ̄(エ) ̄●)明日は学校でやんすよ。。。。

posted by ジョー at 00:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

●気まずい瞬間

昨日、家の息子は非常〜〜に気まずい体験をしたらしい。











それは放課後、自転車で走ってた時の事。



ε=ε=ε=ε=┏( ̄▽ ̄)┛チャリチャリ。。














向こう側から違う高校の制服姿の男子が、同じく自転車でコッチに向かって来た。




ε=ε=ε=ε=┏( ̄▽ ̄)┛チャリチャリ。。


















ム。。。。アレは・・・・・。(ー'`ー;)
















近づいて来るその男子の顔が確認できた。















アイツだ・・・・(ー'`ー;)















それは息子の小、中時代の同級生。





小学生の頃はすごく仲良しで毎日の様に遊んでたのね。





ところが中2の頃から何となく二人の間に温度差が出てきてギクシャクし始めたの。






そしていつの間にか、会っても言葉も交わさない関係になっちゃったのね。














「う〜〜〜〜〜む・・・アイツだ・・・・・」





アイツの方も間違いなくコッチに気付いてる模様・・・。





息子とアイツの距離がどんどん近くなる。





ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛チャリチャリ・・・






近くなってツイにすれ違う瞬間が来た。















お互い目も合わさず





不自然な方向を見ながらすれ違う。




















すれ違った後の数秒後、息子はソッと振り返ってみた・・・



|(エ) ̄) ソ〜〜〜〜〜・・・・



















そしたらアイツも振り返っていた・・・





|(エ) ̄) ソ〜〜〜〜〜〜・・・・・





















コッチ・・・ |(エ) ̄;)






アッチ・・・ |(エ) ̄;)














「あの時はほんと気まずかった〜〜〜〜!!( ̄∇ ̄;)」











うん。。分かる。分かる。



分かるよ。。少年。。。。



(● ̄(エ) ̄●)人間関係ってむじゅかしぃ〜〜。。

posted by ジョー at 08:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

●用件

昨日は遅番。






新しいスタッフの「次長」が6時で帰りア。「次長」は頑張ってるよ〜。







「次長」というあだ名が付いてるのは知らないけど。。。


イッシッシッ。。。( *`艸´)!!!











でね、一人になってから大物のお得意様が二人同時に来店されて、もっのすごっ忙しかったのね。











もう(゚∀゚; )三 三( ;゚∀゚)こんな感じ!!アワワ!!アワワ!!









そんな最中にお店の電話が鳴る。










「あ〜〜〜〜〜〜誰よ・・・この忙しい時に〜〜〜・・・・」











もしもし・・・電話に出る。





電話の向こうから聞こえてきたのは旦那の声。










「あ。オレだ〜。今いいか〜?」











急用の時は携帯じゃなく店の電話にかけてって言ってるから、これは急用に違いない!!








「なに!?どしたの!?」




















「ワカサギ釣りに使うオレの網、知らね?」





















(ー_ー#)・・・ 





















「棒の先が網のお玉みたいになった杓子、知らね?」




















(ー_ー#)・・・・・・ 




















「お〜い。もしもし〜。聞こえてっか〜〜〜。」


















(ー_ー#)・・・・・・・・・・・・・ 



















「悪いけど忙しいから切る・・・・」ガチャ。















あぁぁ・・・・むかつく・・・・・・・。













その後、お得意様にも大量に買って頂き、ヘトヘトになりジョー家路に着く。









「ただいま〜〜〜・・・」










居間のドアを開けたと同時に夫が言う。


















「な〜〜〜。オレの網、ほんと知らね?」



















(ー_ー#) ・・・・・・・・・・・・・・・・


















まだ言うか・・・・・この男は・・・・・・・












相手にしないですぐに風呂に入りました。








おしまい。( ̄(エ) ̄)











































posted by ジョー at 10:19| Comment(9) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

●予言者

昨夜の家族の会話ね。











息子 「ふむ。明日の夜はカレーうどんか・・・」









昨日の夕食、カレーを前にして息子がつぶやく。















確かに。。。。









カレーの次の日は残ったカレーでカレーうどん。







それがアタシ流。( ̄(エ) ̄)
















夫  「うむ。お前も読みが深い。





    ならば豚カツの次の日は何と見る。」
















息子 「カツ丼でしょ・・・」















夫  「完璧。」















確かに。。。






豚カツの日はわざと多めに揚げて、翌日は残りでカツ丼。






それがアタシ流。( ̄(エ) ̄)

















夫  「ならば、これはどうだ。





    おでんの次の日。」













息子 「残ったおでんと必ず炒飯・・・・」















夫 「(( ;゚艸゚)):・'.::・ッブ! 」














ジョー







「いい加減にしたら。(*^-_-)」













なので今夜はカレーうどん。





それがアタシ流。( ̄(エ) ̄) 。。。。。。


posted by ジョー at 12:52| Comment(9) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

●将来展望

この前の息子との会話ね。










ジョー 「もうすぐ冬休みか〜。」










息子  「思いっきり寝れる。」










ジョー 「来年は高2か〜。」












息子  「多分な。」














ジョー 「サ来年は高3〜。」












息子  「なれればな。」












ジョー 「ところでアンタ。卒業後はドするの?」












息子  「どうって?」













ジョー 「大学行くとか〜。



     専門学校行くとか〜。



     就職するとか〜。




     なんか考えてるの?」
















息子  「う〜〜〜む・・・・・そうだな・・・





















とりあえず家にいようかと思う。 ( ̄〜 ̄)  


























|||||||||||||( ̄ロ ̄;|||)||||||||||||| 















人呼んでニート・・・・・・



















ジョー 「ま・・とりあえずは進級だな・・進級・・( ̄◇ ̄;)」









息子  「そ。そ。とりあえずはソレよ。ソレ。(* ̄∇ ̄)」











そうして二人で仲良くミカンを食べました。





おしまい。。。
























posted by ジョー at 09:45| Comment(10) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

●ママレモン

あ。ママレモンが無い。














ちなみにジョーは食器洗いの洗剤は、どんな銘柄だろうが。。














全てママレモンと呼んでいる。(● ̄(エ) ̄●)
















で。さっきお皿を洗ってたら。。。。













ぱすぱすっ。ってママレモンがなくなったの。












んで。取り合えず。












水を足しといて。と。





20071217_1034_0000.jpg








今夜は遅番なんで。












ゾロさん。お皿洗っといてね。と。




(● ̄(エ) ̄●)ノ"パタパタ。










posted by ジョー at 10:44| Comment(8) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

●孤独な人。。。

この前の夜のお話。





居間でテレビを観ていた時のお話。





ホットカーペットの上はジョーと息子が占領して寝そべっている。






夫は背後にあるダイニングテーブルの椅子に座っている。






観ていたのはクイズ番組。






歴史の問題では歴史上の人物の顔が出て、それが誰なのかあてるのをやっていた。







10人分の写真が出てたがジョーに解るのは・・










フランシスコ・ザビエルぐらい。





(● ̄(エ) ̄●)知ってるぅ〜あのシト〜。











息子は流石現役、全部言いあてた。







ジョー 「へ〜。アンタなかなかヤるね〜。」







息子  「普通でしょ。別に。」
















あのね。。。。(● ̄(エ) ̄●)















別に意識してるんじゃないのよ。








意識してヤってるわけじゃないんだけどね。








こんな風に三人でテレビ観てると何故か・・・
















夫だけ孤立してしまうのは







なじぇ?(● ̄(エ) ̄●)














クイズ番組なんか観てるとね、それぞれが三者三様テレビに向かって答えるでしょ。







んで、それが正解でも外れでもジョーと息子は「おお!オヌシなかなかヤるな」とか「違うんだ、それは」とか互いに反応し合うわけ。










でも・・・







背後の椅子から夫がなんかゴチャゴチャ回答してても、それが正解だろうが外れだろうが誰も反応しないわけ。








すると夫は・・・











「ほら!父さん合ってる!」












とか・・(● ̄(エ) ̄●)














「なんだ、違うのか。」











などと、一人で答えて一人で納得するという・・














ちょっとモノ悲しいサマになる。。。











何故でしょう。。。。。






毎度の事だけど、それは一体なぜでしょう。。。。






「なんかあの人また孤立してるぅ・・」なんてフランシスコ・ザビエルの顔を見ながらボンヤリ考えていたら・・ふと気付いた。











夫のテンションが高すぎるのだ。












例えばね。。。





「フランシスコ・ザビエル!」ってジョーが答えるでしょ。





すると息子が「あはは。だって簡単だもん」とか言ってジョーも「まあね」などと言って・・










フランシスコ・ザビエルの話しはもう終わるわけよ













ところが夫はダ・・・・











「ザビエル!ザビエル!フランシスコ・ザビエル!




父さんも正解だ!父さんも知ってる!」























いつぅ〜〜〜までも自分の正解をアピールしてるのダ。






(*゚∀゚)=3ハイ!ハイ!父さんも!











それがジョーと息子にはチョイトうっとおしい。














要するにクドイのだ。(● ̄(エ) ̄●)













んで。話しは戻って、鳩笛よ。











鳩笛。(● ̄(エ) ̄●)
















何の事かというと。





そのクイズ番組で他の問題ね。





「鳩笛」はカタカナにしたら何の楽器かって問題。







「鳩笛〜〜??フルート〜???なに〜〜??」






ジョーも息子も解らない。






テレビに出てる回答者達も次々に不正解なわけ。










そしたらね・・・・









夫が「(゚∇゚ ) アッ!もしかしてアレじゃないか!?











オカリナ!











って叫んだの。









オカリナ・・・・





オカリナか〜・・・・・・





そういえばそうだ・・・・オカリナ・・・














なんか合ってるような気がする・・( ̄(エ) ̄;)












ジョー、心の中で夫の答えが正解のような予感・・・







その間もテレビの回答者は次々に不正解。







背後の椅子からは夫の・・・












「オカリナだろ!オカリナ!!ヽ(`Д´)ノ」
























得意気な回答が響く。















( ̄(エ) ̄;)。。。。。。














なんかムカつく〜〜〜〜〜〜〜。














きっと正解はオカリナ。






そして正解がオカリナだと判明したその瞬間、夫のテンションは最高調に達するのは間違いない。














どうか不正解であって欲しい。( ̄(エ) ̄)














祈る様な気持ちで無言でテレビを観るジョー。








テレビの回答者、次々に不正解。







結局誰も正解者はいない。







テレビの回答者・・・全滅。














そしてよりによって正解はオカリナ・・・













夫・・・












「ほらーー!!オカリナーー!!煤i゚∇゚ )






 父さん正解!








 父さんだけ正解ーーーー!!!」














(● ̄(エ) ̄●)。。。。。。

















最悪のパターン。














夫、大はしゃぎ。






しきりに正解者は自分だけだと熱烈アピール。大はしゃぎ。







ジョーと息子、ちょいウンザリ。静かにテレビを観る。







すると夫が背後の椅子からポツリと漏らした。













「父さんがあたっても






 誰もすごいって言ってくれないね。。。」





















ジョー |||||||||||||( ̄ロ ̄;|||)|||||||||||||ハッ!







息子  |||||||||||||( ̄ロ ̄;|||)|||||||||||||ハッ!














可哀相すぎる!!!!














夫の寂しそうな一言に、ひどい事をしていた自分達に気付かされた瞬間。











「すごいと思うよ!だって誰も解んなかったじゃない!よく気付いたね〜!」






ジョーと息子、慌ててフォロー。






すると夫、嬉しくなったのか満面笑み。









「まずサ!鳩の形を想像したのよ!






そしたらサ!自然とオカリナが浮かんだわけ!






そしたらもうオカリナしかないって解ったわけ!」













自分が正解にたどり着いた様子を解説しはじめ












ますます饒舌。














(● ̄(エ) ̄●)・・・・・・














やっぱシなんかむかつくぅ。。。。。。












おしまい。(● ̄(エ) ̄●)ノ"パタパタ。
































































posted by ジョー at 17:27| Comment(12) | TrackBack(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする